撮影した写真を効果的に演出するために

写真加工アプリで作る芸術的な写真

せっかく写真を撮ったのに後でゆっくり見返してみたら実物よりも暗くなっていた、ということは良くある話です。
だとしても旅先で撮った写真などはもう一度撮りなおすこともできないので、そのままお蔵入りさせるしかないのでしょうか?

そのような場合には「LINE_Camera」のような写真加工アプリを使ってみるといいでしょう。
無料で用意されている様々なフィルターを活用すれば、写真の明るさや色味を実際のイメージに近づけたり、雰囲気のある写真にすることもできるのです。

このように撮影した後からでも画像の編集が可能なアプリを使えば、編集している本人も楽しめて思い入れが増しますし、その写真を見てコメントをくれた人との会話も自然と弾んでくるでしょう。

感情や楽しさを演出するなら

海外で注目されたのをキッカケとして日本でも流行り出したものに「SNOW」のような自撮り加工アプリがあります。
このアプリの最大の魅力は、自動で顔を認識してスタンプの方が大きさや向きを自在に変えてくれるというところです。

最近よく耳やヒゲなどで盛られた写真を目にすることがあるかと思いますが、そういった写真がこれにあたると思われます。
このアプリなら枠に合わせて撮影する必要もなく、瞬時に楽しむことができそうですね。

インパクトのある写真やお気に入りの写真が撮れたら知人と共有して楽しむこともできますし、チャットの最中で自分の表情をスタンプとして送信することもできますから、これさえあれば文字だけに頼っていた通信が華やかになること間違いなしですね。


この記事をシェアする